一流を育てるのは好きという気持ち

長い期間、懸命に努力すれば

誰でも人並み以上にはなれる。

しかし経験を積んだだけでは

何処まで行っても二流止まり。

二流で良いなら経験だけでもなれる。

一流になるにはさらに本気で技を磨かなければ。

私たちは「好き」な事には、

いつでも本気になれる。

高い集中力で、小さな事にも

寝る間も惜しんで一生懸命になれる。

「好き」は技を磨くために

必要な全てを備えた「才能」。

一流になるなら「好き」という

才能がなければ絶対に届かない。

「好き」は、小手先の「上手」を上回るのだ。




コメントを残す