店販キャンペーン

最近美容室のオーナーさんに聞いたお客様への還元の仕方

いよいよ年末に差し掛かり、美容機器などの高価格店販やケア剤の詰め替えサイズの販売などが動きだす時期になってきましたね。

今年は、もう企画的に間に合わないと思うのですが、あるサロンさんは年末の店販商品の割引キャンペーンをやめたそうです。

10%割り引くことがお客様の喜びに直接つながっていないことの疑問から変えてみたそうです。

そちらのサロンでは「〇〇と〇〇のセット購入を頂いた方に『××』をプレゼント!」という風に、割引から添付に切り替えたそうです。
他にも「〇〇円以上のご購入で『××』をプレゼント!」という風にもしているそうです。

実はこの方が「同じ経費」をかけても、お客様のお得感が作れるのです。

例えば…
10,000円の商品を10%オフして、9,000円で販売するよりも…。
割引にかかる経費分の原価1,000円分を添付でつけてあげる方がお得なのです。

添付でつける商品の原価率が50%だとすると、1,000円の割引分を2,000円の添付にすることができます。

今なら「10,000円のものが9,000円!」よりも
今なら「10,000円の商品に2,000円相当の商品が付いてくる!」の方がお客様から見ればお得。
また、お客様が使ったことのない商品を提案するきっかけにもなるからそういうキャンペーンに変えたと聞きました。

キャンペーンの組み方もお客様への還元のしかたもそれぞれですが、機会があれば、いろいろ取り組んでみてもいいかもしれないですね。
今日も頑張っていきましょう。




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください