未来を変えるために必要なこと

何かの書籍に書かれていたこと

「仕事のやりがいや楽しさを見いだせている人は40%にも満たない…」

仕事のやりがいや楽しさを見いだせていない人は、その仕事において未来を描くことや未来を変えることは
難しい…。

それでも未来を切り開いていく、未来を創り出す力は持たなくてはいけません。

未来を変えるために必要なのは
1、「何のためなのか?」という目的をしっかり持つこと
2、すべては自分が源として捉え、自らの責任で考えて行動する
3、諦めずにやり続けることと、日々一歩ずつでも昨日を越えようと思うこと

と言われています。

1、「何のためなのか?」という目的をしっかり持つこと
マラソンでも旅行でも「どこに行くのか?どこまで走るのか?」がなければ、まず一歩を踏み出すことすら難しい。
本当に当たり前のことですが、何のためなのか?がなければ何も始まらない。
そして「何のために…」は「分かりやすく普遍的なもの」と「具体的なもの」のふたつを持っておくことがいいそう。

普遍的なものは、人生の目的や、その人自身の人生を醸成するのに大事。
具体的なものは、すぐに叶えたいことや今時点での最優先事項など。そして人に伝えやすく共感されやすいものがいいそうです。

2、すべては自分が源として捉え、自らの責任で考えて行動する
これも当たり前の話…。すべて自分が源と捉えるからこそ、自分を変えようと思うし、何か行動しようと思う。
「100%自己責任思考」が人を成長させる。

3、諦めずにやり続けることと、日々一歩ずつでも昨日を越えようと思うこと
例えばなしですが、1日1%の改善や成長を続けると1年で37.8倍成長するそうです。

昨日を100%として、今日成長して101%になった…。
今日の101%から、さらに1%成長したら…、を繰り返すと人は大きく成長するそう。

そして、成長は、均等に成長するわけではなく、ある地点を越えてから加速度的に成長していくそう。
成長するには継続と安定した改善が大事。

今日も頑張っていきましょう。




コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.