ギネスをつくる

ギネスを出せるお店が伸びるお店

複数店舗の美容室を経営されているオーナーさんが言っておられたこと…。

「ギネスを出せるお店は伸びる」
美容室の中で、売上を伸ばしやすいサロンは、ギネスを出せるさろんだそうですあ。
中でもギネスを作りやすいのは12月…、そのサロンは12月に照準を合わせているそうです。

本当にがむしゃらにお客様満足を追求して、気づいたらギネスを出せていた…ということもあるかもしれません。
しかしながら、ギネスはそうそう簡単には作れません。
ギネスは狙って作るもの…。

ギネスを作れるということは、売上の作り方や積み上げ方をわかっている人だそう。

そのサロンでは
1月〜3月、VIPへの還元イベント
4月〜6月、新規客増加、カルテ数増加
7月〜8月、ケア強化(新人活用)
9月〜11月、カラー強化(新人活用)
12月 、物販、フルメニュー提案

という風にしているそうです。

ギネスを作ることで、スタッフひとりひとりの自身につながる…。

多くのメニューを提案することで顧客の潜在ニーズを呼び起こす…。

など、ギネスを作る過程でそのサロンごとの風土が醸成されて行くそうです。

今月も各店舗10日までですが、いい数字が出ていますね。

今月も残り3分の2を切っています。
今日も頑張っていきましょう。




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください