採用にかかるコストを考える

採用単価

美容室求人の採用単価は30万円と言われています。

人を採用するための求人誌に掲載したり、美容学校の後援会に登録したり、美容師さんの集まるブースに参加したりなど、採用するにあたり費用がかかるもの…。
美容室求人の採用単価は30万円と言われていて、離職するたびに求人が必要となると継続して費用がかかってくることになります。

自社も平均月20万円程度の求人費用をかけtていて、月によってはもっと多いことも。
月20万円だけでも年間にすると240万円。
もし、倍くらいかかっているとすると…と考えると費用は倍々に膨らんでいきます。

求人広告費用ってあっという間にすごい金額に…。
何ページも、何百もある求人誌にページの「2分の1枠」の求人を2週間のせるだけで15〜20万円飛んで行ってしまいます。

有名な求人サイトだと、上位に表示させるプランともなると1週間で20万くらいかかることもあります。

来年は少しでも求人費用を下げることを考えています。
採用する人数を減らす予定はないので、なるべく効率の良さそうな求人を探せるようにしていきます。

そんな、形のない求人サイトに掲載するよりも、社内の待遇改善に費用を投じたいもの…。

やめない会社づくり、やりがいのある職場づくり…。

月20万円、年間240万円ともなるなら…できることはたくさん。

有名なカリスマ講師を1回呼んでも20万円くらい。
ホールを借りてヘアショーしても20万円くらい。
カメラマンを抑えて、モデル抑えて、スタジオ借りて撮影しても20万円くらい。
店内の改善が求人につながると考えれば、年間240万円と考えてシャンプー台を買うこともできる。
求人費用を節約できたら、年間240万円なら研修旅行も積立なしで行くこともできる。

本当に、美容室の採用にかかるコストや離職にともらう売上の減少というのがもったいない。
来年は安定した求人を獲得して、離職させない組織作りができればと思いますし、よその求人広告に費用をかけるなら、やりがいにつながる何かに投資をしたいと考えています。

来年は、人数も減りますが、合わせて入社してくる仲間もいます。
いろいろ良い一年にしていきたいと思っています。

今日も頑張っていきましょう。




コメントを残す