美容の新しいスタンダードを作る

京都にあって良かったと思ってもらえる美容室を作る…。

以前カンブリア宮殿にも出ていた歯科医の話になりますが、人口11万人の山形県酒田市に、市民の1割が通う日吉歯科があります。

理事長の熊谷歯科医は、虫歯ができる仕組みを患者に理解してもらい、ケアを徹底する「予防治療」を推し進めてこられたそう。

歯医者は虫歯になったら行くところでなく、虫歯にならないように通うところ。

『目指すは80歳で全ての歯がある社会』という歯科業界の新しいスタンダードを作ろうとされています。

「歯を削ることは修理にすぎない。虫歯の原因になる虫歯菌を減らさないと再発する」

予防で日本人の歯を健康にしようという熊谷歯科医の想いが地域に浸透し、この地域の人たちは、歯医者は虫歯ができてから行くところではなく、虫歯になる前に行くところという意識を持っておられるそうです。

予防歯科は「保険適用外」のため負担も大きく、実際は虫歯になってから治療をする方が、個人の支払いは安く済むそうです…。

それでも、この地域の方は予防歯科が当たり前という他の地域ではなかなか考えられない習慣が身についているそうです。

自社もお客様に新しい価値や気づかなかった美容成果を提供できるサロンとして、来年以降も様々な取り組みをしていきたいと思います。

ビーバイシーが掲げる恋する100歳、働ける120歳のように、自社もわかりやすい標語を考えて行きたいと思います。

今日も頑張っていきましょう。




コメントを残す