やりたいこと、やれること、やるべきことを明確にする

やっぱり好きな言葉。

「やりたいこと、やれること、やるべきこと」をたいせつにする。

人が成長していく上で大切なのが

「やりたいこと」
「やれること」
「やるべきこと」

この3つを明確にすること。

今の世の中、いろいろなことが多様化してきて、物事の選択肢が増えています。

選択肢が増えるあまり、みんな「やりたいこと」だけを選んでしまう。
自分の好きなものばかりを選んでしまう…。

「やりたいこと」を持つことは大事…。
でも、やりたいことばかりをしていると自分の幅は広がりません。
できないことをやろうとするから「やれること」が増えていくのです。

話を冒頭に戻すと

「やるべきこと」
今の環境で自分が果たすべき役割。

「できること」
今までの自分の経験や体験から身についた能力で実現可能なこと。

「やりたいこと」
理屈抜きで、自分が心から(感情的に)やりたいと望むこと。

というふうに、この3つを明確に持つことが成長していく上で重要なのです。

中でも「やるべきこと」が一番重要。

はじめに言った通り「やりたいこと」をどれだけ頑張っても、自分の幅は増えません。

しかしながら、人生や仕事の中で自分の「やるべきこと」を見つけ、やるべきことに取り組む中で成長できるのです。

「やるべきこと」の中には、好きなことだけではなく、嫌なこともたくさんあります。
嫌なことの方が断然多いかもしれません。

そうやって、やるべきことをスタートとして、「できないこと」ができることに変わっていく…。

できることが増えるから、自分が成長できるのです。

そして「できること」が増えることで、増えるものがあります…。

それは「やりたいこと」です。

自分が成長してできることが増え、自分に自信が持てるからこそ、自分の可能性の先が見たくなる。

自分ができることが増えるから、もっと人の役に立ちたいと思う。

やりたいこととは、単純に「好きなこと」ではなく、やりたいことは「可能性」だと思います。

自分の可能性を広げるために、今目の前にある「やるべきこと」に全力を注ぐのです。

今日も頑張っていきましょう。




コメントを残す