窓をみるか鏡を見るか

窓と鏡

伸びる人と伸びない人の違い。

伸びる人は調子が良くない時に、鏡を見る。
伸びない人は調子が良くない時に、窓を見る。

何をやってもうまくいかない…。
何をやっても成果に繋がらない…。

そんな時に、失敗する人は窓の外を見て、外の天気や様子を伺う…。

自分の調子が良くないのは、きっと周りのせいだよ…。
外の天気が悪いから、うまくいかないんだよ…っていう風に、環境のせいにする。

調子が良くない時に、伸びない人は窓を見る。外の天気をみて、環境のせいにする。

何をやってもうまくいかない…。
何をやっても成果に繋がらない…。

そんな時に、伸びる人は鏡を通して自分を見つめる…。

うまくいかないのはなぜだろう?
自分のどこが足りないのだろう?
自分に必要なものはなんなのだろう?

うまくいかない理由や原因はきっと自分の中にある…。
自分を改善しようとする…。

目を外に向けるのか?
目を内に向けるのか?

人間は探し物が上手。
自分が見ようとしているもの以外は見えないようにできている…。

環境にばかり目を向ける人は、自分の弱さや過ちに気がつかない…。
外の環境の自分に都合の悪いところに目をつける…。

自分に原因を求める人は、自分の中に課題を見つけようとする。
環境に原因を探そうとしないから、言い訳も出なければ、愚痴も出ない…。

自分が何を見ようとするかで、その時見えるもの、情報は変化するのです。

調子が良くない時にこそ足元を見つめてみましょう。




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください