新人さんやケアリストさんに伝えたいこと

新人さんやケアリストさんに伝えたいこと

新人さんやケアリストさん、どんな人でもすぐ取り組めることに取り組む。
接客業と言われる以上、技術だけでなく、接客が大事…。
技術が未熟なうちは接客でカバーする。

すごくお客様からの支持を受けているサロンさんが、取り組んでいることの一つに「褒める技術の向上」というのがあるそうです。

7秒間の間にお客様のいいところをいくつ褒められるか?ということを少し時間の空いた時にレッスンするそうです。
よく褒められる人は、7秒間の間に5つ見つけてお客様に伝えることができるそうです。

では、なぜ褒める技術というのが大切なのかというと…。

心地いい接客ができるお店、単価の高いお店のレセプションは「お客様のお持ちものをお預かりする間」にお客様を褒めることができる。
また「お帰りの際のお見送りの間」にお客様のビフォーアフターの変化に気づいて褒めることができる。

商品をアプローチできる優秀なケアリストは「クロスを外して毛を払い、床を掃除する時」にお客様を褒めることができる。
また「ちょっとお客様を見ただけで」お客様に合わせて雑誌のチョイスや雑誌の交換のタイミングをはかることができる。

お客様に支持されるスタイリストは「人の第一印象が決まるというその7秒間の間」にお客様を褒め、好意的に接することができる。
またお客様から感じた第一印象をさらに魅力的にして差し上げる提案ができる。

美容室はお客様との小さな接点がたくさんある仕事。
雑誌を交換する時、技術を引き継ぐ時、放置時間の合間など、お客様に接するちょっとした時間をもっといいものにできる可能性がまだまだあるのです。

美容のプロとして、接客のプロとしてお客様に喜んでいただけるように頑張っていきましょう。




コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.