自分を知る

最近のあれこれ 847

▶︎▶︎▶︎
美容師の仕事って技術はもちろんの事、個人の人柄や接客力も問われる仕事。
「自分ってどんな人間なのか?」
「自分をどのように見せればいいのか?」
こういう事で悩んでいる美容師さんも多いのではないか?
との事…。
お客様に支持される美容師になる。なりたい美容師像を描く事が大切ですよね。
なりたい自分になるための大切な事。
①自分を知る事
②なりたい自分になるために見聞を広める事
③自分の強みを知る事
④研究熱心に学び続ける事
だそうです。
ちょっと表現は違うかもしれませんが…。
自分を知るためには、一番いいのは人からの評価を受ける事。
なかなか恥ずかしくて聞けない場合は、人との対話の中で自分を見出せればいいのではないかとの事。
そして自分を知ったあとは、なりたい自分になるために見聞を広める事が大切。
そして、なりたい理想像を描いても、今までの人生の経験や狭い価値観から生まれたものであれば、理想像のハードルが低いという事も考えれるそう…。
書籍や色々な人の話を聞きながら、理想像が今の自分にフィットしているのか検証していく事も大事ですよね。
なりたい理想像を目指す中で、落ち込む事もあるけれど、それは一種の「成長痛」
理想に近づいていると考え、楽しい事に取り組みリフレッシュする事も大事ですよね。
お客様とのマッチングが大事。
でも、マッチングを考えると他の美容師さんと差別化できている事が重要。
自分の強みを知る事が大事。
でも、強みは他人が認めてこそ強みになる
ちゃんと自分を他人と比べて、強みと言えるのか?思い込みでないか?の確認は必要かもしれませんね。
そして、お客様に支持されるには、話題が豊富な事も必須。
自分の働いている業界だけではなく、他分野に関しても研究熱心になれる人が、支持されやすいのではないでしょうか?
お客様目線で分かりやすかったので、読んでみてくださいね。

▶︎▶︎▶︎




コメントを残す