求人は地上戦から空中戦へ

求人は地上戦から空中戦へ

美容師の求人について、今までのように美容学校周り、ガイダンスの参加、求人の待遇改善…のようないわゆるベタベタの地上戦だけでは、求人は制覇できなくなってきています。

これからは、学校とつながるのではなく、美容学生と直接繋がれる取り組み、地上からは見えない、SNSを活用した求人が大切なのです。

美容学生などの若年者層が使用しているSNSで言えば、ツイッターやインスタグラムなどがあります。

ツイッターは、ラインと違って電話番号情報が必要ないので、おさがりのiPhoneやiPodタッチ、タブレットで利用できるので、中学生や高校生などの若年者の利用も多いツールです。
現に、高校生にツイッターしてる?と聞くと、半数以上がやっている、やっていた…との返答をいただきます。

最近はツイッターなどのSNSで直接美容学生にアプローチをかけていくサロンが多いですね。

ツイッターでハッシュタグ検索やツイート検索など「エゴサーチ」をかけていくとすぐに美容学生や美容に興味があるユーザーを調べることができます。

そうやって、美容学生にフォローしてもらって関わりを持てるようにしていくことが、これからの求人に有効…との事です。

これからの世代のことを考えると「ツイッター」をまったく知らない…というよりも、少しでも知っているよ。という風になっていかないと、さらに世代間のギャップが出てしまいますよね。

①まずはツイッターを始める
②ハッシュタグをつけて、サロンスタイルやスタッフの仲よさが伝わる写真をツイートする
③「美容学生」「美容師」などとツイートしているユーザーを検索して、フォローやいいねをつける
④美容学生からのフォロワーを増やす

みたいな「空中戦」をしていかないと、求人が取れない時代です。

男子美容学生に人気の「オーシャントーキョー」はスタッフ全員がツイッターをしているそうです。

求人も集客と同じように、ターゲットに対して有効性の高いアプローチを模索していかなければいけない時代ですね。

今日も頑張っていきましょう。




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください