個人の働き方を追求する時代

個人の働き方を尊重する時代

最近、求人をかけてみようといろいろ取り組みもしているのですが、他のサロンの求人ページや求人専用サイトを見てみても大きく打ち出されているキーワードは「勤務時間自由」や「あなたらしい働き方を追求」などといったキーワードが目立ちます。

世の中の働き方、美容師さんの働き方も理想の形…というのが変化してきて、自分らしく…。プライベートと仕事の両立…。ダブルワークが可能な働き方…。週末を楽しむ働き方…。

など、個人の…という、個人の価値観や時間を大切にできる職場…というのが求められている気もします。

そうすると、効果的な求人でいえば、そのようなキーワードを出して「自由に働きたい」「個人の価値観や時間を大切にしたい」という大多数のニーズを叶えられる求人をすれば良いのかもしれません。

現に、キーワードを設定して表示させるクリック広告の反響は「平日だけでオッケー」「1日3時間からオッケー」といった広告のクリック率が非常に高くなっています。

しかし求人について、どうしたいのか?どんな求人が欲しいのか?と考えた時に、短時間勤務や「自分」を強く出す人を求人で求めたいわけではないのです。

1日3時間だけ働きたい。
平日だけ働きたい。
自分が担当したぶんだけ評価されたい。

などの個人を強く出す人が、本当にお客様を喜ばせることができるのでしょうか?
働く目的ではなく、働き方を探す人が、美容師として、お客様に評価されるのか?

というとすごく微妙な気がします。

最近、求人をかけながら疑問に感じていることになります。

人は選ぶ時代ではなく、育てる時代なのでしょうが、本人の資質や仕事に対する価値観を大切に選んでいかなければいけない時代かもしれません。

いい会社、いい社員を共につくっていきましょう。

話は変わりますが、ニーズについて…。

美容室の集客で1番反応が高いキーワードは「美容室 予約」のキーワード。

多くの方が検索していて、クリックも多いキーワード。

ホットペッパーさんがつくった流行だと思うのですが、ホームページを検索上位にあげようと思ったら、ブログのタイトルや本文に「美容室 予約」のキーワードを埋め込みながら書くと上位表示されやすくなります。

これからはネットも制さなければいけないですね。

今日も頑張っていきましょう。




コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.