母数を増やす

新規客数の稼ぎ方

あくまでやり方の話…。
新規客数が必要なサロン…、例えば新規オープンのお店、客数が落ちているサロンの対策事例。

再来するかしないかは置いておいて、とりあえず、知ってもらう、来てもらう…がなければ、お客様が増えていくことはあり得ません。

新規のお客様を集めるために、1番のキャンペーンはカラーカットだそう。

カラーカットのお客様に絞ることで、少なくともターゲットを絞ることができるのです。

サロンでカラーされるお客様は少なくとも、年間3回程度は美容室を利用される方がほとんどだそうです。

カラーカットのキャンペーンに絞ることで、少なくともリピートする可能性のあるターゲットを狙うことができるそう。

値段をかいてしまうのもなんですが、カラーカットで5000円以内…、高くても5000円台…というのが、集客をかけられるギリギリの価格設定だそうです。

2時間で5人担当すれば、1日売上は25000円程度…。
楽ではないですが、お客様がいないことを考えればやってみてもいいかもしれないですね。

あと、実際に低料金でカラーカット集客をしているサロンが多く取り組んでいることは、カラーチェンジの提案とトリートメントの提案で1000円から2000円程度の単価はアップをしているそうですね。
集客は会社で一律にかけるから、そこから先の単価は担当者のカウンセリング次第…。としているところが多いですね。

安いところはカラーカット3240円でしているサロンもあるくらいなので、値段だけで集客をするのも難しいのかもしれません。

あと、カラーチェンジを提案する理由は、カラーをしてもらって、リタッチだけだとそのサロンにもう一度行く理由にはならないけれど、そのサロンでカラーチェンジをしてもらうと、もう一度同じサロンでしてもらいたい…という理由づくりもあるそうです。

なんにしろ新規を呼ぶことも大事。
新規をリピートさせることも大事。
そうゆういみではカラーカットのお客様がちょうど狙いやすいそうです。

高単価を狙う…ということも考えながら母数を増やすということも考えていかないといけないですね。

今日も頑張っていきましょう。




コメントを残す