指名客数を増やす

指名客比率を伸ばすこと。

当たり前の話ですが、指名客比率を高めて行くことが大事。
昨年対比をしっかり達成しているサロン。
目標達成をしているサロンは、調べてみると指名客比率が高いのが特徴…。

自社でも指名客比率は店舗によって差があります。
どの店舗も7年以上の営業実績があるので、新店舗だから…という差はないと思うのですが…。
高いところで指名客比率は80%以上…。
低いところでは指名客比率65%程度…。

これは客数比率なので、売上に占める割合で見てみると、もっと指名客比率は高くなるものだと思います。

そして、当たり前ですが、指名客比率が高い店舗は生産性と稼働率が高いです。

指名客の方が予約の誘導や変更が聞きやすかったりするので、集客の集中を分散させることができるので、比較的稼働率が高くなります。

フリー客は、空いてる時にだれでもいいので…といった感じになることが多く、当日の飛び込みなどになることも多いでしょう。

どうしても指名客が増えて来ない限りは売上計画やキャンペーンの計画なども立てにくいもの…。
店販は指名客比率が高い方が、在庫の管理もしやすいと言われています。
このお客様はこんな商品がオススメ、いつも何を使っているなど、おおよそのデータが取れる分だけキャンペーンなども組みやすいですね。

これはお店に限ったことではなく、個人の成績においてもそう。
指名客を増やす…ということに各自が意識を持っていきたいですね。

今日も頑張っていきましょう。




コメントを残す