仕事の価値に喜びや賞賛を見出せる人。 自分の仲間を大切にできる人。

仕事の価値に喜びや賞賛を見出せる人。
自分の仲間を大切にできる人。

ある会社の管理職の方に聞いたお話。

役職が人を育てる、役職を通じて責任を感じるから、人は成長しようとする。

一般的に役職に就くことによって期待される成長というものはあるそう。

会社によっては人の成長を期待してステージを用意する。
ものを見る視点の違いから、何かに気づいて欲しいと思って…。
役職によって人が変化するのは、立ち位置が変わり、視点が変化するから…。

それでも、役職についたからといって、みんながみんな成長できるとは限らない。

成長の二段階があって、ある程度成長できる人、そこからさらに成長する人の二段階に分かれるそう。

『管理職として成長しない人は「内部での勝敗」にこだわる人』と『自分の部下を引き上げられない人』の2パターンだそうです。

いつまでも「勝敗」にこだわる人の特徴は、自分の正しさが成長を邪魔している…。

◼︎『管理職として成長しない人は「内部での勝敗」にこだわる人』

勝敗にこだわる人たちは「自分の正しさ」を守るために、相手の主張を攻撃する。
世の中のため、ともに働く仲間のためにではなく、自分のために仕事に取り組んでいる人だそうです。

そこにはお客様のため、世の中のためといった、本来なら仕事に取り組む上で忘れてはいけないことを忘れて、自分のために仕事に取り組んでいるんだそう。

『管理職として成長する人は「仕事の価値」に喜びや賞賛を見いだせる人」だそうです。
一方で優秀な人、成功する人は、お客様にとって「いいもの」を提供するために仕事に取り組むので「自分の正しさ」に固執する人たちを相手にしないそうです。

もちろん、意見のぶつかり合いや主張はありますが、それも「いいもの」を作ることが根底にあるので、相手も受け入れやすい主張になるそうです。

自分の成功のために仕事に取り組む人なのか?
世の中のために自分ができることに一生懸命に取り組む人なのか?
目に見えやすいものではないですが、そうゆう姿勢は言葉や行動に現れるもの。

■『自分の部下を引き揚げられない人』

そして、自分の部下を引き上げられない人というのは、どうしても承認してあげる力が弱い人…、もしくは、部下のミスまで自分ごととして飲み込めない人なんだそう。

経営者になる人、管理職になる人はどれだけ社員にスポットを当てられるか?
どれだけ社員をヒーローにすることができるか?
このことが本当に大事だと思っています。

普通の人が誰も気づかない社員の成長、長所を見つけ、承認してあげられるからこそ、社員の成長や活躍の仮説が立てられるのです。

そして部下にチャレンジさせる環境を作り、部下にチャレンジさせること。

自分の成果にこだわり、自分が失敗できない…と思う人はなかなか部下に仕事を任せられない。
部下が失敗してしまうと自分が2倍努力しないとリカバリー出来ないから…。

部下の成長が自分の成果と捉える人は、部下にたくさんの失敗という経験をさせる…。
そしてリカバリーの仕方を背中で見せる…。

だからこそ、人を育てるのには時間がかかるのだと思います。

いろいろ考えて、何が正しいはないですが、自分自身も成長しなければと感じます。

今日も頑張って行きましょう。




コメントを残す