年金について考えてみた…。

年金について感じたことがあって、ちょっと調べたら、受給額に不安になってしまいました。

あくまで、いま受給されている方の受給参考額…。

僕らの時はもっと少ないだろうな。

ちょっと先の時代のことも考えてみる

少子高齢化…について、なんとなく、そうゆうことかなぁと最近実感していること…。

ちょっと先とは言っても、実際にはもう現実になっている高齢化。

65歳以上の人口が3300万人を超え、人口の26%を占める時代に…。

高齢で在宅美容の方もおられるので、一概には顧客比率は測れませんが、普通に経営していてもおおよそ2割程度かそれ以上は65歳以上のお客様なのではないでしょうか?

そうゆう65歳以上のお客様がシェアを占める時代に65歳以上のお客様のニーズなども考えていかないと、お客様に支持される…ということは叶えにくいことなのかもしれません。

そして、今後65歳に差し掛かってゆくお客様のことを少し知って、共感しておけることも大事なのではないかと思うのです…。

少子高齢化の話になると必ず話題になるのは、年金問題と医療費などのお話…。

今回は「年金」について…。

65歳以上のお客様が、よく年金生活になって、少し節約しないと…と、言われますが、本当にその通りで、仕事を退職して年金生活になると大きく収入などのことが変わってくるそうです。

国民年金を40年間満額支払った方で、国民年金の受給額は、年間78万円。

厚生年金に加入されていない方の年金は上記の通りで、月額に直すと65000円程度しかないそう…。

そして、厚生年金加入の方は平均して、145000円程度との調査が上がっているそう。
なので、単身で働き続けて、厚生年金も支払い続けた人で20万円前後の年金になるそうです。

しかしながら、結婚してからも共働きで…という女性は少なく、ご主人の扶養に入り、夫婦で25万〜30万程度の年金生活…という方も少なくないそうです。

そう考えると、決して余裕がある…とはいえないと思うんですね。

ましてや、長寿も進み90歳を超える方も少なくない時代。
老老介護…と言われる現実もあります。

なんか、こんな話になりましたが、それでも毎月カット、カラーで来られるお客様、年間利用金額が10万円を超えるVIPのお客様など、きていただけることにも感謝していかないといけないですね。

今日も頑張っていきましょう。




コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.