美容室の価格を考えるときに知っておきたいこと

他のサロンに負けない、自分たちの強豪優位性を保つために取り組まなければいけないと感じていることです。

■自分たちの仕事の価値を高める
前から当たり前に感じていることですが『一人一人の成長こそがお客様から料金をいただける「原資」である。
当たり前ですが、サービス業であり、技術職であるという仕事です。
お客様の期待以上の価値を提供して当たり前…だと思うのです。

■どこにポジショニングを取るか?
美容室のような業種の場合、様々な業態、価格のお店が混在しています。
安いお店もあれば、高いお店もある。
予約制のサロンもあれば、予約なしのサロンもある。
カラー専門店などの専門店業態もあるのです。
昨年から値上げをして一年になります。
価格以上の価値を高めていかなければなりません。

値段が上がる…というのはネガティヴにも捉えられやすいですが、地域の美容室と比べて「価格帯」が異なるというのは、違う「顧客層」を獲得する事だと思っています。

地域美容室との価格による比較を「ポジティブ」に捉えるか「ネガティブ」に捉えるかで、考え方も変わってきますよね。

高価格帯を目指す事は、お客様を取り合わない新しい顧客層を獲得する事だと思っています。

そして、今来店いただいているお客様の構造を変える事だと思っています。

価値を高めて、他の美容室が競合できない美容室を目指していく事が必要な事だと思っています。

サロンのフルビューティーなども重要な項目だと思っています。

■高価格サロンのポジションを取る事のメリット

既存店舗の強みというのは、あらかじめ顧客(ファン)を持っているということが強みだと思っています。

あらかじめ顧客がいるからこそ、新しい価値を提案しやすいと思いますし、既存店舗だからこそ、高付加価値メニュー」による高単価の提案が、「新規サロン」よりもしやすいと思っています。

既存店舗が多くの美容室に勝てる唯一の強みは「顧客を持っていること」でしかないと思っています。

その顧客層が他と競合しにくい「高単価の顧客層」だとしたら、近隣に新規のサロンがオープンしたとしても店舗にとって「脅威」にはなりにくいと感じています。

統計データによると「美容室は3時間に1店舗のペースで増えている」そうですが、新規サロンでいきなり「高価格帯のサロン」をオープンするのは難しいと思っています。

競合他社に負けない既存店舗としてのポジションづくりのためにも、価値の向上と価値に見合った料金をいただけるサロンづくりは大切だと思っています。

■それも社員の「豊かな生活の実現」のため
時代の変化に対応して「価格改正」を行うことは、社員の「豊かな生活の実現をするためです。

新たな「価値」を作り、競合しないサロン作りに取り組むことは、今取り組むべき重要な課題です。

美容室の「価値」を生み出すのは「人」でしかありません。

そして美容室でいう「人」というのは「スタイリスト」だけでなく「ケアリスト」や「レセプション」まで含めた一人一人の「成長」が課題になっています。

一人一人がお客様にとって最善の「美容家」になれるように頑張っていきましょう。




コメントを残す