人の見た目はツヤ感で決まる

エイジングビューティ

女性がいちばんかがやいて、綺麗に見えるのは?

昔は一般的に、女性が一番輝いているのは20歳から25歳くらいまでだよね…。っていうのが当たり前の認識でした。

やっぱ20歳の女の子には勝てないよね…。という世間の認識が一般的…。

でも今はどうでしょう?

日本の女性の平均年齢も上がってきて、一番輝いている年齢(ゴールデンエイジ)の認識がが、今と昔とで違いがあるそうです。

今、世間で輝いている世代の女性…。

憧れられている世代の女性というのは、38歳から58歳だと言われています。

若い頃よりも魅力的に美しくなったと言われるのが当たり前…。
「昔より、今の方がいいよね。」というのが当たり前な感覚になってきています。

年齢重ねても自分らしくあることが、同性からの共感を得られていますよね。

そんな風に年齢を重ねる事がマイナスではなく、年齢を重ねる事を楽しむ価値観の女性が増えているそうです。

女性の輝きが増すアクティブミドル世代が求めているキーワードは、圧倒的に「ツヤ感」であること。

「ツヤ感」というキーワードが一番大事。
肌もツヤが大事、髪もツヤが大事。

自立的である。
自分を持っていること。
優しくて性格がいい。
清潔感があるけど色気もある。
可愛いとキレイの両立。

こういった理想の女性像を追求していくとツヤ感がとても大事だそうです。

人の見た目は神のツヤで7歳変わる…とも言われるそう。

今日もお客様をつやつやさらさらにできるように頑張って行きましょう。




コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.