客単価を上げる

客単価を上げる。

よく客単価を上げる…。
そのためにワンコインのスパ…。
1000円のトリートメント…。

などのように、プチ提案を取り組みとしてあげられることがありますが、実際着地の予測がついていないキャンペーンを組んでいる方が多い…と感じることがあります。

単価を上げるためには、そのプチ提案メニューの利用率がどれだけあるか。シェアを多くとれるかどうか?ということになります。

客単価を500円上げる…ということをよく聞きますが、客単価を500円の上げるのはとても大変。

5000円のメニューなら、10人に1人
1000円のメニューなら、2人に1人
のアプローチをしなければ、500円の単価アップにはつながりません。

そう考えるなら、5000円の単価のお客様の新規を1名かけるのとあまり変わらないのです。

単価は無理やり上げるものではなく、お客様に喜んでもらった結果上がるもの。

デザインやケアなど、ベースとなるメニュー率が高まらなければ、プチ提案などでは、客単価500円以上はあげられないもの…。

まずは当たり前の徹底を…。

カラー率、パーマ率、ケア率を高められるようにして行きましょう。




コメントを残す