美容師の売上の壁

セミナーで聞いた数字の話。

よく美容師さんの個人売上の売上ごとの「壁」についてどんな壁があるか言われますが、勉強会でわかりやすく教えていただいたので少しまとめ。

【売上 50万円の壁】
売上50万円までの壁は、新規リピートを高めることだそう。
デビューしたてで、顧客数がまだまだ少ないので顧客数を増やすことが大事。
ただ客数を増やすにもお店としてフリー客を回すリスクもあるので、リピート率を意識していくこと、次回予約を伸ばしていくことを指導しているサロンが多いそうです。
安定して50万円をあげようと思うと客単価6,000円程度として、月間来店80名〜90名が必要な客数になり、カルテ数で言うと250名程度の顧客獲得が必要になります。
スキルとしては一人で決められた時間に時間内にあげられるスキルが必要。
50万円までは、アシスタントを使わないというサロンも多いようです。

【売上100万円の壁】
100万円の壁は、まだまだ客数を追うことが大事。安定性を考えていくと指名客数を増やしていくことが大事。そして合わせて単価を上げていくことも大事。
技術の特殊比率を高めていくことと、店販の売上も高めていくことが大事。
100万円達成するためには、客単価6,500円で150名〜160名の客数が必要で、カルテ数で言うと450名ほどのカルテが必要になるそうです。
次回予約で指名化を進めていくこと、ご無沙汰なお客様に手書きのDMを出していくなど、他のサロンがなかなか真似できないことをマメにしていくことが大事だそう。
スキルとしては、自分一人だけでは作りにくい売上の領域に入っていくので、アシスタントを入れて複数のお客様を同時施術できるスキルが必要になっていきます。
またデザイン提案も必要になり、スタイルのバリエーションも豊富に必要になるので100スタイルレッスンを課題にしているサロンも多いようです。

【売上150万円の壁】
売上150万円となると客数を伸ばすのはある程度落ち着いてきて、今度は来店回数を伸ばしていくことが求められてきます。
年間来店回数4回の顧客(カルテ数)が450名いるとすると年間来店客数は1800名で月刊平均で150名ほどの来店客数となります。
それが、来店回数が6回に増えると年間来店客数は2700名となり、月刊平均で225名ほどの来店客数となります。
3か月再来を2か月再来にするだけで、客数が1.5倍になり客単価が同じであれば、売上が1.5倍にもなるのです。
ここまでくると単純に一人の力だけではお客様の満足を作りにくくなっています。スキルとしては、アシスタントを複数いれて、顧客満足を落とさない「アシスタント教育」がカギになってきます。
自分以外でもお客様を満足させるためのアシスタント教育と、ミスのしない薬剤選定など、ある程度のマニュアル化も必要になってくるそうです。

【売上200万円の壁】
売上200万円までの売上となってくると、良い顧客層を増やすことが大事になってきます。
予約の管理も徹底していかないと、なかなかサロンの運営もままならなくなってくるので、こちらの希望通りに予約を誘導できる「ファン客」が必要になってきます。
そして、予約管理をして、同じに日に偏らないように予約を管理していく能力も求められます。
そして、単価を上げることも大事になってくるので、指名料金やランク制による単価アップや顧客の整理も有効と言われています。
単純に売上をこのような壁の枠に入れるものではないですが、売上80万円くらいまでは教育カリキュラムの改善や店内の来店促進のツールでサポートすることもできるそうです。
ただ、どちらにしろ、時代背景から考えて、単価を上げる仕組みを考えていかないと厳しい時代に入ってきたと言われます。
中でも単価を上げやすいメニューはカラーとケアだそうです。
今日もお客様に喜んでもらえるように頑張っていきましょう。




コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.