お客様に10年間通い続けてもらうのはすごく大変なことだと思う…。

お客様に10年間通い続けてもらうのはすごく大変なことだと思う…。

先日美容師さんとお話する機会があって、売上のこと、伸び悩みのことなどを聞いていたのですが、やはりお客様に支持され続けてお客様をつなぎ続ける…というのはすごく大変…。

『結局のところ、今のお店では自分は一番取れないんですよね…。長く10年近く働いていてお客様がついている美容師さんが多いと、勝てっこないですよね…。長くいるというだけで指名するお客様もいると思うので…』

みたいな悩みを持っている美容師さんでした。

確かに顧客を持っている美容師さんが多いと、フリーの入客でしか売上を作っていけない、デビューしたての美容師さんにとっては辛いことなのかもしれません。

自分が入客できないタイミングでは、他の美容師のヘルプに入ったりと、思うような動きがとれないこともあるでしょう。

それでも支持されている美容師さんが、支持され続けている理由…というのは、長くいるから、長く担当してくれているから…と言うわけでは決してないと思うのです。

普通に考えて、お客様に10年間通い続けてもらうのはすごく大変…。
ましてや指名が多く、フリーの入客ができない状態で、客数と売上を維持するのはとても大変…。

デビューして、たくさん入客して勢いで作る100万円の売上と、指名のお客様だけ入客して作る100万円の売上とでは、大変さがすごく違うと思うのです。

一時期、サロンの10年顧客を調べたことがありましたが、サロンに変わらず10年間通ってくださっているお客様の比率は全体の顧客の10%以下しかおられないのです。

それだけお客様に通い続けてもらうことってすごく大変。

10年と言う間に起こる変化の仮説を考えると…。

10代であれば、高校を卒業後して、大学を卒業して、就職する…という変化のなかで、ニーズや悩みは大きく変化するもの…。
さらに結婚もして、環境の変化が大きく変化する方もいるでしょう。

20代で考えても、結婚、出産、育児…というなかで、美容が最優先にならない事はたくさんあると思うのです。

若い年代だけでなく、年配の女性でも、子供の成人、自身の体調の変化、親の介護など…美容に一生懸命になれない瞬間、通いたくても通えなくなる瞬間があるはずなのです…。

それでも担当の美容師さんに、なかなか回数が減ること…、来れなくなる事を伝えることって、お客様は言いにくいもの…。

家計が大変だから、少し間隔をあけたい…。
でも、それがいえないから、美容室を変えてしまう…、少し安いサロンに変えてしまう…、ヘアカラーは自分でしてしまう…。

お客様の中でも、たくさんの変化がありながら美容室に通い続けてくださっているのです。

売れている美容師さんは、それでも通い続けたい…という価値をお客様に提供できている美容師さんだと思うのです。

そして、失客をまかなうだけの紹介作りや顧客の来店回数を増やすなど、努力はしているもの…。

生涯顧客をつけるのはそんなに簡単なことではないですよね。

今日もお客様に喜んでもらえるように頑張って行きましょう。




コメントを残す