定義

実は良い美容師になるには「定義」っていうのがあって、意外と美容師でそういう定義をもってる人は少ないんです。
僕は『限られた時間の中で、より多くのお客様に喜んでもらうこと』が良い美容師の定義だと思っています。

生産性80万円以上を常に達成し続けているサロンのオーナーさんが言われていたこと…。

良い美容師さんは、常に時間を意識して、多くのお客様に喜んでもらえるように最善を尽くしている。

でも、良い美容師だけでは良いサロンは作れない…。
美容師が、より多くのお客様を担当しようと思った時に、美容師1人だけではお客様を満足させることはできない。

必ずレセプションがいて、必ずアシスタントがいる。

良い美容師がいても、良いレセプション、良いアシスタントでなければ、お客様を総合的に満足させることはできない…。

『限られた時間の中で、より多くのお客様に喜んでもらうこと』が良い美容師の定義だとすると、良いサロンの定義とは?

よいサロンの定義は『下限のスタッフがしっかりしていること』だそう…。

お客様からすれば、良いサロンの定義は誰が担当しても、最低限の接客が受けられること…。お客様からすれば、スタッフはスタイリストだろうがアシスタントであろうが、スタッフはスタッフなのです。

一流のホテルに行っても、新人だから許してもらえる…という感覚はないのです。

そうゆう事から言うと、新人、レセプションだろうと最低限の教育がなされていることが、大切なのだそう。

今日も、頑張って行きましょう。




コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.