振り返り

7月を振り返ってよかったことの確認をする

7月はとても良い結果が出た店舗が多く。
お店としても全体的な目標の上乗せ達成ができました。

これも普段からお客様とのコミュニケーションの中で積み上げてきた結果なのだと思います。

良い時のことを振り返る、なぜ良かったのか振り返って、良かった原因を探る…というのは難しいかもしれません。

目標達成にもいろんな要因があって、どの要因が一番に成功に起因しているのか、というのはとてもわかりにくいもの…。

それでも少しでも何が良かったのか?
というのは考えて見ても良いかもしれません。

普段の月よりも新規客が多かったのか…。
普段の月よりも次回予約が埋まっていたのか…。
普段の月よりも飛び込みが多かったのか…。
予約の取り方が良かったのか…。
特殊比率が高かったのか…。
上位顧客が占める割合が高かったのか…。

こうやって見てみると、普段より目標達成している時の傾向は見えてくるのかもしれません。

それでも、一番大切なことは繁盛していたときの「営業風景」を振り返ることが大事だと思っています。

繁盛しているときのスタッフの顔は活き活きしていたのか?
楽しそうな雰囲気があったから、良い結果に繋がる連鎖が作れたのか?
それとも忙しくて、すごくしんどそうな顔をしていたのか?

繁盛月で、すこしキャパオーバーをしている時にこそ、強みも見えるし、弱みも見えてくるのです。

キャパオーバーの時に弱みに見える部分を強くして行くことが、さらなるステップアップにつながると思うのです。

良かった時を振り返る…。
ちょっといろいろ見つめ直しても良いかもしれないですね。

今日も頑張って行きましょう。




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください