正しいゴール設定

正しいゴール設定について

目標を達成し続けるために大切なことを言っておられる方がいたので…メモ…。

目標を達成するためには正しいゴール設定が必要…。

目的と目標の違い…というところから、本当は説明するのかもしれないですが、今回は省きます。

目的はなるべくなら高い方がモチベーションにつながりやすい…。

人にはコンフォートゾーンというのがあって、いわゆる快適な領域、ストレッチのかからない領域のことをコンフォートゾーンというそう。

目的はなるべくコンフォートゾーンから遠い方が良い…。

目的がコンフォートゾーンに近すぎてしまうと、目的が日常と混在してしまい、目指すべきものではなくなってしまうから…というのが理由だそう。

目的も目標も変化するものではあるけれど、目的は3年から5年以上先に目指すものとして、持っておくことが大事。
個人でなく会社でいえば、ビジョンなどがちょうど目的に当たるそうです。

ビジョンが快適で、ストレッチのかからないところに有ると、日常の延長線上にしか目的が持てず、ハリのない毎日になってしまう。

一方で、目標にはリアリティが大事。

目標とは、マイルストーンのようなもので、短期、中期というふうに期間に合わせて設定するもの。

月の目標、週の目標、日々の目標、というふうに設定する中で、目標はライブ感やリアリティがある大切なのだそう。

過去に到達したことの有る数字を目標にする。

達成頻度を上げることを目標にする…など、見えるもの、見えやすいものを目標にすると良いそうです。

日々、追っていかなければいけないことも多いですが、頑張って取り組んでいきましょう。

今日も頑張って行きましょう。




コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.