美容師さんがチームで結果を作っていくためのフェーズ

結果を作っていくためのテーマの「フェーズ」

20年以上、美容室を経営していて、いくつも美容室をオープンさせてきたオーナーさんが言っておられたこと。

■美容室のチーム作りについて…。
結果を作っていくために必要なテーマというのがあって、そのテーマを徹底していくことで、サロン内のチーム作り、というのが少しづつ確固たるものになっていくそう。
美容室は10年間続いてこそ、やっと根付いたと言えるくらい、時間のかかる経営なのだそう。
そんな中で、大切なのは、本当にチーム作りがちゃんとできているか?ということ。

■テーマのフェーズ
会社の経営とも、店舗の運営とも同じようなことが言えるのかもしれませんが、美容室をオープンさせてから軌道に乗せるまで、テーマのフェーズ(段階)があるそう。

【初期テーマ/目標】
損益を超えるまでの初期から、固定客が安定してくるまでの初期期間のテーマは「目標」
オープンしたてのサロンが一番にチームワークを作り、いい雰囲気を作り上げるために必ず必要なことは「目標」を持つことと「目標」の共有をすることだそう。そして、目標を個人ごとに細分化して、一人一人の役割を作ることだそう。
つい「目標」というと、数字ばかりですか?数字だけですか?ノルマですか?のようにネガティブに捉える人が多いようにも感じます。
しかしながら、目標があることで、目指すものができ、自分たちの成長度合いなどの評価も明確になるのだそう。

【成長期テーマ/仕組みや仕掛け】
損益を超え、スタッフが拡充していく時期に必要なことは「仕組み」を整えること。
スタッフが入ってきた時に成長させていくための仕組みがあるかどうか、スタッフとの対話やコミュニケーションをはかるためのしくみがあるかどうか、など仕組みづくりが大事。
組織化していくための基盤の時期だそうで、強いていえばトッブダウンではなくボトムアップで成長していける組織が重要なのだそう。

【拡大期テーマ/思いの共有】
仕組みや仕掛けである程度までの結果は出せるそう。
それでも、仕組みや仕掛けでつくる結果には、限界があるし、継続させるために常に新しく仕掛けを作り続けなければいけないそう。
拡大期に大切なことは「理念」や「コンセプト」などの思いの共有が大切。
人こそが商品である業界だからこそ、仕事が楽しい、スタッフの成長が嬉しいと思える人づくりが重要だそう。

今日もみんなが成長できるように、楽しんでいきましょう。




コメントを残す