男性美容師に求められていること



男性の美容師は圧倒的に20代〜30代が多く、40歳以上になると、その人数が激減します。

サロン経営者になるか、プレーヤーで残るかのどちらかをせまられることになります。
どうすればプレーヤーとしてお客様に支持され続けることができるでしょうか?

「男性美容師に何が求められているのか」というのを面白い記事を見つけましたので、お伝えさせていただきます。

女性のお客様に聞いた「希望する美容師の性別」

①女性    32.4%
②男性    10.9%
③どちらでも 56.7%

とのことで、女性美容師希望は男性美容師希望の約3倍になります。

①女性美容師には「気軽さと共感を期待」
女性のライフスタイルが多様化し「自分らしさ」も多種多様になり、女性の生き方や好みに敏感に反応できる同性ならではの共感力が強み担っている。

②男性美容師
技術面での信頼の高さが伺える声が多いのが特徴的。
お客様の髪質・デザインに対してプロとしての答えを求められている。

上記をさらっと踏まえて
「男性美容師が意識したいキーワード」
をいくつか紹介したいと思います。

①女性脳によりそう「共感力」
男性は常に「問題解決」を重視するが、まずは悩みに共感してあげることが大切。

②「大人女性」の心をつかむ
日本人の平均年齢が高い今、大人女性のニーズに応えること。
働く大人女性は、家事に仕事に忙しい人が多く、このあたりも意識してみては?

③時には「男性目線」でアドバイス
男性美容師を指名しているお客様の満足度は女性よりも高いそう。
異性としてのアドバイスも時には必要かも?

男性には、男性の強み
女性には、女性の強みがありますよね。

性別以外にも、自分の強みを考えて見るのもいいかもしれませんね。

参考資料
美容師ジェンダー調査
(株) リクルートライフスタイル ビューティー総研調べ
http://r-bmr.net/wp-content/uploads/2014/08/ManStylist_2014Aug26.pdf

ブログランキンングに参加してます。
よければクリックしてください。

↓↓↓

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください