追い抜こうとするよりもまず並ぶこと…。 尊敬できる人を身近に持つこと…。

追い抜こうとするよりもまず並ぶこと…。
尊敬できる人を身近に持つこと…。

先輩を超えたい…。
ライバルを超えたい…。
誰よりも一番になりたい…。
地域のサロンよりも結果を出したい…。
とりあえず追い抜きたいんだ…。

結果の出る速さ、出る出ないは、一概に考え方だけではないんだと思います。

それでも、結果が出やすい人…というのがあって、どんな風にしているかというと、考え方に違いがあると感じています。

先に書いておくと「追い抜こう…」と考える人か「並ぼう…」と考える人か、の違いなのです。

「追い抜こう…」とする人が、常に考えているのは、結果や実績であり、指標とする具体的な対象者との差異…なのです。

あの人は売上があるから、あの売上を抜こう…、あのサロンがああだから、こうやって抜こう…。

という風に、実績をつくるために考える…。
結果や実績に固執してしまうことが多いそうです…。

このこと自体は決して悪いことではないのですが、結果や実績ばかりに固執をしていると、学ぶことが少ない…と思うのです。

学ぶことが多く、結果大きく成長し、実績をつくることができるのは「並ぼう…」と考える人だそう…。

並ぼう…と考える人は、結果も大切にするけれど、それ以上にプロセスも大切にしている人が多く、相手を認める…、相手を承認するという、相手から学ぼうという姿勢も持っているのです。

僕が尊敬している先輩は、なぜあの実績を持っているのだろう?
僕がライバルとしている人の支持されている理由はなんだろう?

まず、相手に並ぶためには、相手を認めて真似するところから始めよう…。

自分が劣っているところ、至らないところはどこなのだろう?

結果や実績ではなく、実績を作り出しているバックグラウンドに関心が持てる人が、学びも多く、比較的実績をあげやすいように思うのです。

相手とのギャップはなんなのかを知り、ギャップを埋めて、相手に近づく、並ぶことができれば、あとは、自分が一つ頭を出せばよのです。

追い抜こうとするよりもまず並ぶことが大事。

そして、尊敬できる人を社内や身近に持つことは大切だと感じます。

成長のプロセスが上記のように相手あってこそ…と考えるなら、なおのこと尊敬できる人を身近に持つことは大切。

人を認めるというスキルも大切だと思います。
人のいいところを自分の長所として取り入れられるようにしていきましょう。

今日も頑張っていきましょう。




コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.