圧倒的競合優位性を得るには自己投資が大事

最大の競合優位性は凡事徹底と自己投資。

ライバルとの最大の差別化、そして最大の競合優位性というのは、基礎体力の差をつけることしかない。

当たり前の毎日、どんな日々を過ごしているかを基本的にブラッシュアップして、毎日の質を少しずつあげていかなければ、大きな差はできない。

毎朝起きて、だらだら二度寝したり、ぼーっとしたりしている60分を過ごしている人と…。

起きたら起きたで、ささっと身支度や朝食などを済ませて、20分か30分の時間に1日のTo Doリストを作れたり、メールチェックをしたり、情報収集したりできている人と…。

という、朝の60分をどのように過ごせているか…というのが1週間続き、1か月続き、1年続き…というふうに、継続して行った時に、大きな差が現れると思うのです。

一年も差が開けば、大抵のことは、相手には追いつけない…。
どんだけ相手が頑張っても、追いつこうとするには3年以上はかかるそう、追いかけられても、もちろんその分こちらも成長しているから…。

お金で買えるものは、すぐに追いつかれる。
人材だってお金で買えるかも知れないけれど、会社のいい風土はお金では買えない。

そうゆう毎日の積み重ねをしていくことが、自分づくり、お店づくりにつながるのと思うのです。

売れている美容室と売れていない美容室の差は、毎日のこうゆう小さなことの積みかなねだと思うのです。

売れている美容師さんと売れていない美容師さんを比べてみてもそうかもしれませんが、毎日のこうゆう小さな積み重ねが違いを生み出しているのだと思います。

レッスンに取り組む姿勢。
休みの日の講習参加などの自己投資。
レッスンだけではなく、本を読んだり、インプットしていくことも大切だと思うのです。

毎日少しでも何かプラスにできるように自己投資していきたいですね。




コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.