スタッフに向けて

ギネスを作るにはカルテ数(顧客数)を伸ばすこと。

ギネスを作るにはカルテ数(顧客数)を伸ばす事が大事…。

今年一年は、カルテ数を伸ばすことについて考えることが多い一年でした。

ギネスを狙うには、新規客の獲得、固定客を増やす事が大事だと思っています。

前にもVIP顧客、年間利用額の高いお客様を増やすことのメリットは伝えましたが、やはり何を言っても母数は大事…。

なるべく多くの顧客がいることが強み。
それだけ多くのアクションを起こすことができるから…。

少ない顧客数でギネスを狙おうとして、実際にギネスを出すことはできるかもしれないが、少ない顧客数でギネスを狙うと、繁盛期と閑散期の差か大きくなってしまう…。

少ない顧客数の中のほとんどが、繁盛期に来店されてしまうと、どうしても翌月、翌々月に負担が来てしまいます。

年間2回から3回程度しか来店されないお客様でも、失客しないように、そして繁盛期に来ていただけるように次回提案する。

そうゆう、年間来店回数が少ないお客様でも、こちらが来店ペースを促して差し上げれば、売上のヤマを作ることはできるのです。

言ってしまえば、たまにしか美容室を利用されないお客様でも、年間のうち美容室を利用したくなるシーンは何度かあるものなのです。

そう考えると、美容室の売上のピークやギネスを作ろうと思うと、顧客数を増やすことが大事。

まだまだ12月に向けて、顧客を増やすチャンス。

お客様に紹介してもらえるように、喜んでいただけるサービスを追求していきましょう。




コメントを残す