売上だけでなく利益も考えよう

売上だけでなく利益も考えてみよう

こないだはカフェのミーティングをしていたのですが、美容室とカフェの違いといえばたくさんあるのですが、ひとつ挙げるなら原価の違い。

美容室のように原価率が10%前後に収まる…ということはありません。

メニューの展開や集客方法、お店のスタイルによって原価率は変わりますが、大抵は30%を超えてきます。

単純に集客につながるから…と、安易な値引きはなかなか利益に繋がらないもの…。
売上120%達成したからといって、利益が変わらなかった…。むしろマイナス…。ということもよくあること…。

美容室では、なかなか原価が上昇して、利益を割る…ということはあまりないのだけれど、美容室で起こりやすいのが、生産性の低下…。

キャンペーンだから…と言って、普段10分1000円いただけるメニューを10分500円の生産性に下げてしまったり…、結局値引きしたのに、思うような集客につながらなかったり…と、これは、美容室によくあること。

美容室は原価率よりも、人件費…、生産性…について考えた方がいいように感じています。

メニューを考えるときに…おおよその目安は、原価率が20%以下のメニューであるか?ということ。
10分1000円いただけるメニュー構成になっているか?ということはある程度の目安…。

この辺りの計算も立てていかなければ、カラーカット…を売りにしている方が、まだまだ生産性の計算がしやすいもの…。

そうは言いながらも、1番の簡単にできる利益の作り方は、売上を上げることと、材料比率を下げること…。

いろいろな無駄…について考えていきたいですね。




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください