社員さんに向けて…と、自分の頭の整理

皆さんいつもありがとうございます。
今年も残すところあとわずか…、それぞれの個人目標や一年を振り返った時の自分の評価はどうでしょうか?

自己評価する…というのはとても大切なことだと思っています。
自分が自分の中で腹に決めた目標というのは、自分にしかわからないことも多い…。
ちょっとぐらい、いいかなぁ?って…ほんの少し手を抜いた甘さも、自分にしかわからないことも多い…。

自分だからこそわかる自分のことをしっかり振り返り、新しく目標を立てていくことが大切だと思います。

自分に課した厳しさも、自分に許した甘さも、ちゃんと結果に現れると思うのです。

そして、自分に課した厳しさも、自分に許した甘さも、ちゃんとみている人には伝わるものなのです。

わかりやすく現れるのは、お客様からの支持なのかもしれないですし、先輩からの指導なのかもしれません。

1年をどう締めくくるか…。
あと2ヶ月…。

わりとあっという間に過ぎ去ってしまうこの時間を大切にしていきましょう。

そして会社ごとでいえば、10月は決算を迎えました。

1年間の会社の業績を振り返って、成績評価をされる時期なのです。
単純に利益が出たか、利益が出なかったか…。
お客様は増えたのか、お客様は減ったのか…。

店舗ごと、部門ごとに細かく毎年振り返りをする時期になります。

自分自身、今年一年を振り返ってみると、年初に掲げた目標は、「社員の働き方改善」について、「ロイヤルユーザーづくり」についての2点…。

キーワードとして大切にした思いは「決断」という言葉。

大切なのは「判断」することでなく「決断」すること。
何かと比較し、誰かの意見を聞きながら良し悪しを決める「判断」よりも、自分に問いかけて自分で決める「決断」を問い続けることで「自分の想い」が磨かれていきます。
誰かの意見を聞きながら良し悪しを「判断」している人は、物事の決定基準を周囲に任せているため、周囲の意見に一喜一憂して振り回されてしまいます。
自分の想いで「決断」できる人というのは、誰がなんと言おうとその想いが揺らぐことはなく自らが率先して行き先を示し、人を引っ張っていくことができます。
そういった中にこそ独創的な改革や進歩があるのだと信じています。

この思いの中で過ごしてきて感じることは、良くも悪くも「動いた」ことが大切だと感じました。
自分の中にある決断だけでは何も変わらない。
決断から行動に帰るからこそ、結果につながる…。
決断、行動するプロセスの中で磨かれていくものがとても大きいと感じています。

新しい期に入って、思うこと…。
2018年の方針…と置き換えてもいいのかもしれませんが。、大切にしたいのは「生涯美容師」というキーワードを大切にしたいと思っています。

生涯美容師であり続けようとすることが、全ての自己成長の根源になるのではないかと思います。
それくらい美容師の仕事は、素晴らしい仕事だと思います。
美容師はお客様に成長させてもらえる仕事…。
美容師は美容師によって磨かれる仕事…。

生涯美容師の像を追求していくことで、自分がありたい姿や自己成長の道筋が見えくるのではないかと思うのです。

来年のことも少しずつ頭に描きながら、年末に向けて頑張っていきましょう。




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください