利益を考える

利益を作るために

利益を作るために今年も意識したいこと…。
材料費を節約すること。

おおよそ現時点での技術仕様材料費は8%
カラー比率やパーマ比率、特にトリートメント比率が高くなるとどうしても材料費は高くなってしまいやすいですが、材料費を節約することも利益確保にとってはとても大きなことになります。

材料費を1%下げることで出る利益を年商2億円程度で考えてみると、年間200万円の利益につながります。
利益200万円で考えると少しばかり、決算賞与手当が出せるかもしれません。

利益を出すために売上を上げることも大事、でも、節約による利益を出すこともとても大事です。
経常利益率5%で考えると材料費1%下げて200万円の利益を作ることは4000万円の売上を作るのに等しい経営改善につながります。

4000万円の売り上げといえばスタイリスト3名程度の年間売上でしょうか?

今年も材料費節約のために各店取り組んでいきましょう。

材料費を下げるためにできること

半年から1年くらい動いていない店販在庫のセールやスタッフ購入。
薬剤の適正量での使用。
全店での在庫共有や在庫移動などで、企業全体での在庫管理。
今期以降の死に在庫を作らないよう在庫管理、発注者など責任者の明確化。

いろいろ取り組めることもあると思います。
特に探してみると、動いていない「死に在庫」というものは案外あるはずです。

今年も良い成果を出せるように頑張っていきましょう。




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください