自社のこと。費用対効果を考える

費用対効果を考える。

集客にしても、求人にしても費用対効果を考えることが大事。

最近考えている費用対効果の指標は、何人に見てもらえたか?ということと、何人が成約(予約)につながったか?という率をみて判断しています。

今までのわかりやすいチラシやDMでいえば、やっぱりDMの方が費用対効果が高いように感じます。

チラシなら1000人に1人の戻りで、かかる費用は5,000円程度。

DMなら20人に1人の戻りで、かかる費用は1,200円程度。

一枚あたりの配布費用でいえば、DMの方が費用はかかりますが、見込み客に絞り込めるというところでいえば、戻りの割合は高いと思います。

近頃は、メール配信やラインクーポンなど、使い方次第では、もう少し費用を抑えられる手法もあるかもしれません。

最近、新しく取り組み始めている集客手法は自社ホームページ集客。

京都で美容室を探している人に自社ホームページを見つけてもらうための宣伝に費用をかけています。

検索ウインドウのいい場所にクリック広告を掲載して、クリックにかかる費用を支払う、という集客手法を試しているところです。

だいたい、ワンクリックあたりの費用は100円前後。

50人がクリックして、1人でも来店していただければ、チラシによる集客よりも費用対効果がいい計算になります。

実際に毎日5クリック前後は広告からホームページにアクセスしてもらっている計算になります。

あとは、どれだけホームページに情報を詰め込めるかが大事だと思っています。

少しでも、ホームページを通してサロンの雰囲気を知ってもらうためにも、ブログの更新などもしてもらえると助かります。

今日もお客様に喜んでもらえるように頑張っていきましょう。




コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.