ミーティングで大切なのは気づくこと

気づきが大事。
そして気づきから、改善に繋げ、継続できる力が大事。

ミーティングなどで思うこと。
数字を上げることはとても大事。
数字を上げるための手段方法を考えることも大事。
ただ、ミーティングの時に大切なのは、ミーティングで何が決まったのか?ではなくて、ミーティングで成長できたかどうか?が大切だと思うよです。

数字を上げるための手段方法は、ミーティングで話し合って決めるものではなく、ミーティングに参加するまでに95%は決めてもって来るものだと思う。
そして、ミーティングでは、決定をする、さらにブラッシュアップさせる…というくらいの準備をしておかなければ、ためなのだろうなあっと、最近思うのです。

組合でもいろいろな会議に参加していて、決まらないプロジェクトのほとんどは、準備不足であることに他ならないことが原因。

ミーティングのゴールが決めること、相談すること、協議することにゴールを置いていると、ミーティング自体が目的になってしまうと思うのです。

ミーティングは、気づきを得ること。
足らずを知って、明日から、行動に移せるための、あくまでスタートだと思うのです。

だからこそ、気づきの力と考え方は大事だなぁと最近感じるのです。

今日も頑張っていきましょう。




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください