人を育てる

人を育てられる組織なのか、育てられない組織なのか。

経営者の勉強会の話でもよく出る話なのですが…。

1店舗の経営者で終わる経営者さんと…、複数店舗まで経営できる経営者さんとの違い…について。

あくまで経営スタイルの違い…というのはもちろんあるのですが…それでも出てしまう差…というのは、人を育てられる組織なのかどうか?というのが一番大きいそう。

だからといって、経営者が圧倒的に人を育てられるカリスマでなければいけない…ということはないのだそう。

経営者に人を育てる素質が少ししかなくても、それを補って組織の中に人を育てる風土があるか?

ということが大切なのだそう。

ひとが入ってきても、育てられない組織であれば、新卒採用をしたところで、育てることもなかなか出来ない。

はたまた、専門学校生は育てられるけど、高卒の若い子は育てられない…みたいに、雇用できる幅すら、自分たちでせばめてしまう。

人を育てられない組織は大きくなることは出来ないし、ひとが育てられないのであれば、経営を割り切って、育っている人を拾う経営に切り替える。
チームでのパフォーマンスを上げていくのではなく、個人のパフォーマンスに注目する個の集まりとしての組織体をつくる。

そうやって増えてきたのが面貸サロンであり、業務委託のサロンだと思うのです。

自分たちが目指していきたいのは、人が育つ組織。
人の可能性に焦点を当てて育てて行ける風土にしていきたいですね。

人が育つ、育てる…ということにつながるキャリアづくりや仕組みづくり、評価制度なども考えていきます。

今日も頑張っていきましょう。




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください