生産性を高める

本当に今、美容業界の急務な問題として時間生産性があげられると思います。
時間生産性とは総売上をスタッフの総勤務時間で割った値になります。
今の自社の現状でいうと1時間当たりの生産性が3,000円から3,500の間を行ったり来たりしているくらいになります。
昔から1分あたり100円の仕事を心がけなさい…とは、よく美容業界では言われましたが、本当にその通りで、1時間当たり5000円以上の生産性が上がる事が理想と言われています。
では、生産性を高めるためにどうするか?
それは「料金をあげる」か「稼働率を高める」か、のどちらかでしかないと思います。
カットに1時間かかるのであれば、4,000円のカット料金から5,000円のカット料金にあげればいとも簡単に時間あたり生産性を固める事はできます。
もちろんお客様に支持をいただければの話ですが…。
稼働率を高めるというのは逆に1時間で担当できるお客様を増やせば良いのです。
しかし、同時に今以上の集客をかけていかなければいけない…、もしくは動員数が増やせないのであればスタッフ人数を減らさなければ、稼働率というのは高まりません。
正直、「料金をあげる」ことと「稼働率を高める」ことのどちらも取るというのはとても難しいです。
そこで役員会の中では「指名料金」を頂く事と「料金改定」をする事のどちらとも、今後考えていかなければいけないと話をしています。
料金をあげるというのは、そんな簡単なものではありません。
しかし、人口減少が進む中、新規、集客を取り続け稼働率を高めていくことも簡単な事ではないのです。
そしてお客様と一生涯のお付き合いをしていく美容のプロだからこそ『単価アップ=価値づくり』をしていく事は出来ると思うのです。
これからは『ファンベース』を大事にする。
顧客を大切にし、顧客に向けた新しい価値づくりをしていく事が初めに言った「時間生産性」を高めることにつながっていくと思っています。
料金を頂くためには、どんな価値づくりが必要なのか?
長く通って頂くためには、どんな価値づくりが必要なのか?
しっかりと顧客を中心にした戦略づくりをしていきたいと思っています。
今日もお客様に支持されるお店づくりをしていきましょう。




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください