美容室の価値

自分たちの仕事の価値とお客様にお約束する美容成果を考える

当たり前の話になってしまうのですが、私たちの仕事は、2時間でお客様から10,000円をいただくお仕事なのです。

お客様の滞在がカラーカットでおおよそその時間。

またまた、料金ものくらいの価格。

他のサービス業でも同じようにお金をいただくものはたくさんあるかもしれません。

レストラン…。

たとえば、ディナーコースで10,000円くらい…というのは、割とあるもの。

それでも、いい食材を使って、いいロケーションで…っていう風に、原価やコストが割とかかるもの。

粗利益(付加価値)の金額でいうと美容師さんの方がお客様からいただくお金というのは大きいと感じています。

自分たちがお客様からいただくお金の責任は感じてかなければならないと思うのです。

そして、私たちがその対価に対して提供する価値は?

私たちは、たった2時間の接客で、その先1ヶ月の間お客様が不安になられることなく、お困りになられることなく毎日のヘアケアのお手入れをしていただけるお手伝いをしなければいけないと感じています。

ちゃんとホームケアの提案はできているか?

お客様の前回来店からの変化に気付けているか?

お客様に対して提供しなければいけない価値は多岐にわたると思うのです。

自分たちの価値を高められるように頑張っていきましょう。




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください