今年も課題だなぁと感じていること

今年は人を増やす

昨年は、お店の生産性に対して、人が少ないと感じる一年でした。

もちろん業界では生産性80万円、生産性100万円などと言われますが、一番は適正な人数が揃っていて、お客様に負担のない営業ができることも大切だと思います。

一般的に美容室の回転数を考えると、1人のスタイリストが担当するとして5回転程度ではないかと思います。

お客様の平均滞在時間100分で5回転だとすると8時間くらいの施術時間になると思います。
そう考えると、1人のスタイリストさんが担当できる適正な人数は5人程度が適正。
月間で稼働日が22日として110名が適正だと思います。

客単価が7000円として110名の来店であれば、一人当たり生産性が77万円…。
客単価6000円としても、66万円…。

安定した客数として100名程度が望めるのであれば、売上を考える時に必要なのは客単価と顧客構造…。

昨年も年末は客数が110名オーバーの店舗も多かったように感じます。
人を増やして、一人当たりの負担を少しでも軽減しないと、いつかスタッフに無理が来てしまうこともあるでしょう。

どうしても生産性だけを追ってしまうと、人が少ない方が生産性が高くて人件費も低い…とも考えられますが、一番は人がたくさんいて、適正に生産性が上がることが大事だと思います。
企業の目的にも多くの雇用を創出することがあると思います。

たくさんの人を雇用できるマネジメント力を高める。
たくさんの人を雇用できる労働環境の多様化、柔軟化に備える。
たくさんの人を雇用できる企業の顧客を増やす。

今年は問題を問題点に変えて…。
課題をクリアにして行きたいと思います。

今日も頑張っていきましょう。




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください