フォト

最近のフォトの考え方

最近のフォトの考え方は大きく2種類あるそう…。

だからSPCで企画しているフォトコンテストは2種類のフォトを募集しています。

アート部門とサロンスタイル部門。

最近のフォトは、美容師としての感性を追求する「作品づくり」としてのフォトシューティングと、お客様を集客するための「商品づくり」としてのフォトシューティングとの両方があるそう。

ちょっと前までは、コマーシャルフォトとして「作品づくり」と「商品づくり」の間のスタイルが流行っていたようです。
いわゆるクリエイティブとサロンスタイルの間…みたいな作品群ですね。

最近は、インスタグラムなどで簡単にブランディングができるようになって、作品としてのフォトも商品としてのフォトも、どちらも表現しやすくなってきています。

あとは、もう一つあるなぁと感じているのはコミュニティとしてのフォト。

よく美容師ブロガーさんなんかに多いパターンだと思いますが、サロンのコミュニティを築いていくタイプのフォト。

表現の一つとしてフォトを強化していく時代。

今日も頑張っていきましょう。




コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.