人事マネジメントのコツ

1.仕事に意味を持たせる
どれだけ、福利厚生や会社、店舗の環境が整っても、仕事に意味を見いだせないとやりがいにはつながらない。

2.人を信用する
考え方の基本は性善説…。
人を信じて仕事を任せてみるから人が育つ。
仕事を与えられない環境では人は育たない。

3.自分よりも優秀な人だけを採用する
誰でもかれでも御構い無しに採用するのではなく、会社の想いを共有し、ともに成果を作れる仲間を集めること

4.発展的な対話とパフォーマンスのマネジメントを混同しない。
上司は常に部下の成長にコミットする事。
部下の成長のために、どんなサポートが必要なのかを考える事が大事。

5.2つのテールに注目する。
社内で有能なトップテールだけでなく、業績が低いボトムテールにも注目して組織をマネジメントする。

6.楽しもう
何よりも楽しもうとする事が大事。
楽しもうという、姿勢からでなければ改革は生まれない。

という6つが人事マネジメントをしていくことで大切なことなのだそう。

個人最適ではなく、全体最適である…ということや、仕事の目的や価値を感じていくことも大切なんだろうな。と感じています。

今日も一日頑張って行きましょう、

 




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください