スタイリストがあげるべき一人前の数字とは

スタイリスト一人前…というのはやはり売上80万円

生産性80万円を目指す時代と言われるときに、目指すべきスタイリストの基準は売上80万円。
それでもワンスタ80万円…というのは、まだまだしんどい数字。
しかし、サロンの生産性の平均くらいは一人であげられるスタイリストにならないと一人前とは、言えません。

知り合いのオーナーさんが言われていたことに、アシスタント、ケアリストの手を借りずに、一人で初めから最後まで担当して80万円の売上を上げられるのがスタイリストの基準。
という言葉。

昔は美容業界では60万円…と、言われていたけど、社会保険に加入して、ある程度の給与水準を保とうと思うと、ワンスタ80万円を目指すことが必須。

幸せにもなれない、とりあえずの目標を追うなんて、今の時代ナンセンス。
なのだそう。

スタイリスト80万円。
生産性80万円の会社づくりのために…。

そのオーナーさんが言われていたこと。

売上80万円を一人であげられないうちに、指名売上80万円を超えるのはすごく難しい。

逆に言えば、一から十まで一人で担当して、指名売上をあげられない人が、アシスタント、ケアリストに助けてもらって指名をあげられるはずがない。

指名売上は、担当数による確率論ではないから…。

10人担当して8人指名を取れる人と10人担当して2人しか指名を取れない人とでは大違い。

2人しか指名を取れない人が、確率論だ…と言って、アシスタント、ケアリストに手伝ってもらって200人担当したところで、本質は変わらないし、もっと雑になってしまう。

大切なことは、一人であげられる売上の限界を少しずつ広げていき、指名率を最大限に高めていくことが大事。

一人で担当できる限界の8割くらいは指名のお客様で満たせるようにならないと、次のステージはないそう。

辛いけれど、数字が追いついてこないスタイリストには、徹底して一人で担当できるお客様しか割振らないそう。

お客様を不幸にしないために…。
そしてお客様に支持されない不幸な美容師を育てないように…。

とのことだそう。

今日もお客様に喜んでもらえるように頑張って行きましょう。




コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.