生涯顧客をつける

デザインを売るのではなく、デザインの先にある信頼を売る

メーカーが主催する世界規模のコンテストにも出場されている美容師さんが言われていたこと。

そのサロンさんは決して繁華街、都会…といわれる様な場所ではない、普通の住宅街でクリエイティブ、デザイナーサロンをされているそう。

デザイナーサロンとして、デザインを売り続けていくサロンをしていると、若い世代の新規のお客様ばかりを担当している様に思われるそうですが、実際のところは生涯顧客である固定のお客様をどれだけ獲得できるのか?というのが大切だそう。

ただクリエイティブに取り組む…ということは、1つの武器になって、遠くからお客様を呼ぶことができる…、商圏を広げるツールとして有効だそうです。

そらでも、結局、売上を上げ続けようと思うと、お客様を生涯顧客としてファン化していくことが大事だそう。

デザインを売るだけでなく、デザインに落とし込む過程で信頼づくりをして行くことが大事だそう。

新規を取れない時代。

大切なのは固定客をつけて行くこと…。

今日も頑張っていきましょう。




コメントを残す