売れるスタイリスト

技術が上手い…というだけで、必ず支持されるとは限らないのか美容師。

接遇やマナーコンサルティングをされているコンサルタントの方が言われていた事ですが…、技術が上手い…。だけではお客様に支持されないものなのだそう。

ミリ単位の玄人の仕事は、素人には伝わらない。
玄人につくファンは、同業者…というのがオチ。

単純な話…。
お洒落なお店だなぁ。
お洒落なインテリアだなぁ…と思って見ることはあっても…。

この家具、1ミリの狂いもなくできてるなぁ。
ガタツキもなく成功に作られているね…という観察はしないものなのです。

あくまで総合的に…。
そして、第一印象で決める…というのが、大多数の一般人のセオリーなのです^ ^

お客様は単純に…。

とことん要望を聞いて欲しい。
私に合った提案をして欲しい。
お洒落な美容師さんに担当してもらいたい。
美容師さんのファッションをマネしたい。
丁寧にして欲しい。
自分のことをわかって欲しい。

などなど、いろいろな要望さえあっても、伸びた分だけきっちりとミリ単位で切って欲しい…という人はほとんどいないものなのです。

だから、売れるスタイリスト…というのは、デビューした時からの瞬発力が全然違う…。

売れるスタイリストは、売れるアシスタント時代の過ごし方をしているものなのです。

デビューしてから売れることを考えるのではなく、デビューする前から売れる行動をしていきたいですね。

今日も頑張っていきましょう。




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください