人時生産性を考える

人時生産性は4,000円は超えたいよね…という話。

人時生産性(総売上ベース/4,000円)
人時生産性(粗利益ベース/3,600円)

というのを基本的に目安となる数字としている…、と知り合いのオーナーさんが言われていました。
パートさんやアルバイト、時短正社員など、働き方が多様化する中で、単純にワンスタだけではなく、人時生産性を考えた方がいいとのこと。

また、時間当たりの生産性でとらえることで、生産性の高い時間帯や売上ごとのスタイリストのシフト管理など、やるべきことがもっとしっかり見えてくる…とのこと。

計算の仕方は、パートさんの勤務時間数と正社員の勤務時間数(8時間)を算出して、その日の売上を割ると人時生産性を考えることができます。

そうやって現状の人時生産性を知り、そこから細分化して分析して、改善して、というプロセスをずっと繰り返しているそうです。
料金設定に見合った施術時間になっているか?
予約管理はきっちりできているか?など各店の課題を考えていくことが大事。

今日も頑張っていきましょう。




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください