デザインのためのケア

デザインのためのホームケア強化

デザイナーサロンとして、様々なコンテストで入賞者を多く輩出しているサロンのデザイナーが言っておられたこと。

いいデザイナーは必ず、ホームケアを含めたケアの提案を怠らない…とのこと。

いいデザインを作ろうと思うと、かならず素材の良し悪しにぶち当たる。

お客様にしてもコンテストにしても、素材の良し悪しにこだわることで、再現性が高まり、再来率や紹介につながるそう…。

そのサロンではシャンプーの二本使いは当たり前…という習慣づけに取り組んでいるそうです。

カラー後のケアシャンプー。
週に一度のスキャルプケアなど。

お客様の髪のケアをするために提案に力を入れているそう。

だからこそ、次回のデザインへのスライドができないような無理なカラーやパーマなどは施さないそう。

今日も頑張っていきましょう。




コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.