美容室の利益の作り方を考えないとね…!

自分たちの付加価値をあげていく

最低賃金は毎年10月になると上がりますが、ここ3〜4年ほどは上がり幅が急激に…。

過去5年間かけて上がった最低賃金の上昇額を一年で超えるくらい、上がり幅は急激なものに…。

京都は今年の10月で882円に…。
首都圏では1000円台に王手をかける金額に…。

おおよそ10年前の最低賃金額は、京都で717円。
今年の10月以降の京都の最低賃金882円と比較すると23%の上昇。

国策なので仕方ありませんが、それに合わせて、付加価値を作っていけない企業は、自然淘汰されてしまう世の中に…。

自社も過去を見れば、割引でカット2660円でしていた頃と比べると、今は割引しても3220円のカット料金はいただいています。

最低賃金とともに、いただく料金は増えているとはいえ、見直していく部分も多くなっていることは事実。

そして、新人さんの教育にかかる費用を考えると教育費もおおよそ20%は増えていると思うのです。

今の時代の利益の作り方において、教育を見直すことも重要。

いろいろ考えなければなぁ…と考える今日この頃。

頑張っていきましょう。




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください