投資先はひと

投資先は人でありたい

投資とは、将来的に資本(生産能力)を増加させるために、現在の資本を投じる活動を指すことだそう…。

そして投資といえば、自己投資というのもあって、お金の投資と時間の投資があると思っています。

自分の技術習得のために講習に行って、お金と時間の投資をする。
良い技術を提供するためにも道具に投資を、する。
お客様に支持されるために、身だしなみ、おしゃれに投資する。

様々な投資があると思います。
自分にどれだけ投資できるのか?というのが、個人の将来の成長にかかってくるのだと思います。

それでは、会社は何に投資をするべきなのか?
設備に投資するのか、情報に投資するのか、人に投資するのか…。
そうゆう風に考えた時に、考えたい投資先は人に対する投資を優先的に行って行きたいと思っています…。

物や設備に投資した時に、一番価値が高い瞬間は、購入した時なのです…。
お店の内装にしても、機器購入にしても、だんだん古くなって価値は低くなって行くもの…。
物に投資しても永続的な価値を生み続けることは難しいものです。

では情報への投資は?
情報への投資…というと美容業界ではあまりピンとこないかもしれませんが、情報は鮮度が命…。
すぐに古くなって、価値がなくなってしまうものです…。

では、人への投資は…。
と考えると、人が投資した分だけ成長して成果を生むだろうと仮定すると、人への投資は将来的に目減りしていくものではなく、人に投資したものはだんだんと大きくなって還元されるものだと思うのです。

人の成長こそが、会社の成長…。
そうやって考えているからこそ、様々な講習などの教育の投資…。レクレーションなど、チームワークづくりのための時間の投資…。
ミーティングや合宿などの時間の投資が必要だと思っています。

そして、お給料にしてもそう…。
みんなが自己投資できるための原資づくりでもある、人件費への投資も人への投資だと思っています。

前にも、値上げに関してお伝えしたこともありますが、値上げする理由のひとつは、教育や人財への投資をして行きたいからこそ、付加価値をつけてでも値上げをして行きたいと思っています。

お客様に支持されるサロンになるためにも、人が成長できる環境づくりをして行きましょう。




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください