初志貫徹



“"

はじめに思ったことを、最後まで貫き通すこと。

初志貫徹の意味を簡単に説明するとこうなりますよね。

新入社員の入社日の今日ですが、皆さんははじめて社会人になった時の事を覚えていますか?

僕の時は住み込みで働くため入寮の手続きや引越し、入社前の新人研修などがあったので、いつから入社という、はっきりした境目はあまり覚えていないのですが、学生と社会人の違いについてや、チームワークについて、目標達成について、などいろいろ研修を通じて教えていただきました。

はじめてサロンに配属された時、はじめに与えられた仕事は「立っている」だけでした。

床掃きも、お見送りも、掃除も、アメ配りも、雑誌の交換も何もさせてもらえない。

ただ同じ場所に立って、「いらっしゃいませ」を言うだけの仕事でした。

いつ仕事を教えてもらえるとも伝えられず、丸2日間も何もさせてもらえませんでした。

その2日間で、2割の同期スタッフは辞めてしまいました。

2日間の立ちんぼ研修のあと、店長に教えてもらったのは、仕事がある喜びと、仕事がなくアテにもされない辛さでした。

サロンに配属されても、技術がなければなにも仕事ができないし、アテにもされない人間になってしまう。
仕事を早く身につけて、頼みごとをされる人間用なることが大事と教えてもらいました。

そして、もうひとつは仕事を自分で見つけるということです。

2日間立っていただけの間にどれだけの仕事を見つけることができたか。
ということ。
2日間のサロンワークを見て、自分にも出来ることをどれだけ考えたか。
仕事をとっていくその姿勢、自分の可能性を自分でどれだけ広げられるか、が大事だとおもうんですね。

僕の中での初心は
「あてにされる人間になること」
「仕事は自分で見つけること」

です。

振り返ると、出来ていないと思う事も多いですよね。

でも、社会人になった時の初心、美容師になろうとしたときの初心は大切にしたいですね。

ブログランキンングに参加してます。
よければクリックしてください。

↓↓↓

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください