インバウンド市場



“"

これから数年間は、好調な伸びが期待されている市場のひとつに「インバウンド市場」があります。

「インバウンド」とは、もともと旅行業界で使われ、海外から日本に入ってくる旅行者の事をいいます。

今は旅行業界に限らず、様々な業界が海外の旅行者をターゲットに販売戦略を立てています。
2014年の旅行者の数は、1341万人で過去最高を記録したそうです。これは前年と比べると29%増だそうです。
日本の人口と比較しても、人口の1割以上の観光客が日本に入ってきている計算になります。

世界文化遺産の登録や、日本文化というコンテンツに加え、円安やリーズナブルな航空会社が増えきたのも、要因にあるようです。
これからオリンピックに向けてますます増えていきそうですね。

「インバウンド市場」は一見すると、美容業界には関係ないように感じますが、果たしてそうでしょうか?

例えば、韓国では旅行者の多くは化粧品を購入し「アカスリ」を体験するでしょう。
例えば、台湾では「台湾シャンプー」や「足つぼマッサージ」を体験するでしょう。

これは、そういったものが文化として根付き、観光のコンテンツのひとつになっているからなのだと思います。

日本のヘアサロンでも「QBハウス」は海外の人にも人気だそうです。
「速さ、丁寧さ、清潔さ」が人気を呼んでいるようです。

日本が海外に誇れるメニューは何があるでしょうか?

例えば、「エステ、アイラッシュ、ヘッドスパ」などは、海外には少なかったり、日本人の繊細さがウリになったりするのではないでしょうか?

言葉の壁や文化の違いなど、課題は多いかもしれませんが、誰も取り組まないからこそ、取り組む価値のある分野なのかもしれません。

少し視野を広げていろいろ考えてみるのもいいかもしれませんね。

ブログランキンングに参加してます。
よければクリックしてください。

↓↓↓

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村






コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください