木こりのおはなし



きこりのジレンマ

ある木こりが新しい斧を手に入れて木を切りました。
最初は1日に5本切り倒すことができ、満足していました。

しかし、日が経つにつれて、5本切り倒すための時間はどんどん伸びていき、やがて切り倒す時間を伸ばしても5本切ることができなくなっていました。

たまたま通りがかった旅人が木こりを見てこう言いました。
「どうして、その斧を研がないのですか?」
「そんなボロボロの斧では時間がかかってしょうがないでしょう?」

すると木こりは言いました。
「木を切るのに忙しくて、そんな事をしているヒマは無いんだ。」

この物語を聞いて皆さんはどう感じられましたか?

木こりのジレンマ言う有名なお話だそうです。

私たちの仕事でも同じことが言えますよね。
目の前の仕事に気を取られていると、自分自身の仕事の取り組み方や成果を見失ないやすくなってしまいますよね。

自分たちの仕事の進め方は古くなっていないだろうか?
成果を上げるために、新しい戦略や取り組みをしたほうがいいのではないか?

まずは準備やリサーチに時間をかけ、その上で行動に移していく。

時間の使い方をどう使えるか?
が大切だと言われています。

業界の生産性を高めていくためにも、お店での取り組みに無駄がないか?

戦略を立て直してもいいかもしれませんね。

ブログランキンングに参加してます。
よければクリックしてください。

↓↓↓

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村



“"






コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください